2008年03月25日

写真ワーク

デジカメが普及したこともあり、何気ない日常の1コマや風景を写真に撮る人が増えてきました。
写真家といっしょにハイキングをしながら写真を撮ろう、というワークショップが開催されます。

 ☆日 時:平成20年4月6日(日)9時半集合
 ☆場 所:鹿児島市立美術館 前庭(鹿児島市城山町4-36)
 ☆案内人:スティーブン・ギル氏
 ☆問合わせ・申し込み:NPO法人PandA
posted by ひゅう at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

アートミーティング

アートと鑑賞者を繋ぐアートボランティア。鹿児島でも昨年、NPO法人PandAによって開催された文化ボランティア研修が開催され、触れる造形展の会場で活躍しました。
今年も内容を更に充実させたアートミーティングが開催されます。

その第1回目は「写真展『日本に向けられたヨーロッパ人の眼・ジャパントゥディvol.9』を100倍おもしろく観る方法」

出展作家による作品のレクチャーのほか、キュレーターによる展覧会にまつわるさまざまなエピソードの紹介が行われます。

キュレーターという仕事や展覧会の裏側を覗ける機会です。

 ・日 時:平成20年4月5日(土)14:00〜16:00
 ・場 所:かごしま県民交流センター 大研修室第4
 ・参加費:無料
 ・申込み:NPO法人PandA
      TEL:099-218-4670
      E-mail:panda@npo-panda.jp
posted by ひゅう at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

RAG's TIME

クラウンコンビ「RAG」のショーを見てきました。

コミカルな動きと表情、何気なく繰り広げるすごい技の連続で観客は引き付けられっぱなし。とっても楽しい時間を過ごしました。

このすごい人たちから習うことができる、26日のパントマイム講座が楽しみです。
posted by ひゅう at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

20年という時間

子ども舞台芸術フェスティバルinかごしまに行って来ました。

20周年となる鹿児島県子ども芸術祭典を記念しての開催です。

20年。ちょうど子どもが誕生して成人するまでの年月。この間、地道に子どもたちが舞台芸術と親しむ機会を作り続けてきた道のりを思うと感動すら覚えます。

今日も会場のあちらこちらで、子どもたちもスタッフとして活動する様子が見られました。こういう活動がずっと続き、活動の輪が大きく広がることで、鹿児島の子どもも大人も楽しめる豊かな芸術文化が醸成されていくことを願います。

このフェスティバルは23日まで。鹿児島市中央公民館、メルヘン館、文学館、宝山ホール、県民交流センターで開催されます。
舞台の上演の他、遊びの体験やお姫様や魔法使いに変身できるコーナーもあります。
posted by ひゅう at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ジャパントゥディ vol.9

いつも見慣れた景色。
その中にある小さな宝物の数々。

普段は身近すぎて見逃している大切な何か。

気鋭のヨーロッパの写真家の目を通して、現在の日本を改めて捉え直そうという写真展。9回目となる今回は、鹿児島で開催されます。

 ・開催期間:平成20年4月8日(火)〜20日(日)
 ・会  場:鹿児島市立美術館(鹿児島市城山町4-36)
 ・観 覧 料:無料
 ・主  催:EU・ジャパンフェスト、南日本新聞社
posted by ひゅう at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

世界でここだけ!

今年もあります。

真夜中のランデブー観察会!

世界でおそらくここだけのゴカイの観察会です。

昨年、参加しましたが、とってもおもしろかったので、今年も行きたいと思っています。

今年は3月21日、22日、23日。
詳細はこちら
posted by ひゅう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

裏方の仕事

「日本に向けられたヨーロッパ人の目・ジャパントゥディ」という写真展が開催されます。
今年、9回目となるこの写真展は、日本の各地をヨーロッパの気鋭の写真家の目で再発見しようというもの。今回の会場は鹿児島。昨年秋に来鹿したイギリス・ルーマニア・オランダの写真家の作品が4月8日から20日まで、鹿児島市立美術館で展示されます。

主催はEU・ジャパンフェスト日本委員会と南日本新聞社ですが、協力としてNPO法人PandAが関連事業を開催することとなりました。

今日は、その写真展のチラシとポスターを県内の学校やマスコミなどの関連機関に発送する作業。続きを読む
posted by ひゅう at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

クラウン

フジテレビ系列で放送されたドラマ「笑顔をくれた君へ」

実在する道化師の話を基に小児病院の建て直しと病気の子どもたちの心のケアに奮闘する女医と道化師の物語。

モデルとなったクラウンKこと大棟耕介さんは、日本のホスピタルクラウンの第一人者。続きを読む
posted by ひゅう at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

めだかの里

「限界集落」という言葉をご存知ですか?
65歳以上の高齢者が半数を超え集落機能維持が困難な集落のことを指します。この限界集落の増加が大きな問題となっています。

そんな中、住民34人、高齢化率65%でありながら自然環境を売りにした催しで外部から人と活気を呼び込んでいる小集落があります。
鹿児島県日置市東市来町の尾木場です。

美しい棚田での米作り体験などをどんどん行っているこの地域で、山菜狩りやめだか&棚田の散策などを楽しむ体験会が実施されます。

詳細はこちら(PDF 63.2KB)
posted by ひゅう at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

きて みて わらって

子どもの頃の経験というのは、大人になっても心のどこかに残っているもの。豊かな感性を育むことは、成長していく過程でとても大きな役割を担っています。

中でも優れた舞台を鑑賞すると、ストーリーに触れ、音楽に触れ、生の役者の演技に触れ、テレビとは全く違う大きな刺激を受けることでしょう。

残念ながら、地方都市である鹿児島ではそういった機会はなかなかありません。それでも子どもたちに生の舞台芸術の鑑賞機会を提供しようという活動を続けているのが、NPO法人かごしま子ども芸術センターです。

今回、「子ども舞台芸術フェスティバルinかごしま」と銘打ち、3日間かけ、一挙に25作品を上演!
幼児や小学生向きの作品から大人にもお奨めの作品まで、様々な舞台を鑑賞できます。
作品ごとの金額は1500円、パスポートを購入すると5作品を6000円で鑑賞できてお得です♪

上演作品や会場、上演時間などはこちらをご覧ください。
posted by ひゅう at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

パントマイム講座

エスカレーターや、綱引き、壁などが、まるでそこにあるような不思議な動きを展開するパントマイム。目にする機会は少しずつ増えましたが、鹿児島ではまだ学ぶ場が多くありません。

今回、第一線でご活躍のクラウンファミリー プレジャーBの方々を講師に迎え、初級講座を開催することとなりました。入門編なので、初心者の方でも大丈夫。マイムのテクニックを楽しく学ぶことができます。

 ・日 時:平成20年3月26日(水)18:00〜20:00
 ・場 所:ポリテクセンター視聴覚棟2F
       (鹿児島市東郡元町14番3号)
 ・参加費:1000円
       (各関係機関のご協力による特別価格)
 ・申込み:こちらからどうぞ
posted by ひゅう at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

春の風物詩

鹿児島の春の風物詩といえば、鹿児島の市街地近くを流れる甲突川沿いで開催される春の木市。
観葉植物や盆栽、野菜の苗などを安くで購入できるとあって、毎年、大勢の人々が楽しみにしています。

今年は平成20年3月15日(土曜日)〜5月6日(火曜日)に開催。フラワーアレンジメント教室や園芸講習会なども行われます。

詳細はこちら
posted by ひゅう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

ひっとべかごしま2008

思い切って飛べ!という意味を持つ鹿児島弁をタイトルにしたこのイベント。最近、よく耳にする「共生・協働」をテーマにしています。

鹿児島県内のNPO法人やボランティア団体、自治会やCSRに力を入れている企業などが参加。社会貢献や地域づくりについての理解を深めるためのイベントです。

講演会やパネル展示、各体験教室など盛り沢山の内容。
鹿児島県民交流センターにて、平成20年3月16日に開催されます。

詳細はこちら
posted by ひゅう at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

すんくじら

「すんくじら」
鹿児島弁ですみっこのことを指します。

鹿児島県にあるふたつの半島の先端地域、薩摩半島の南さつま市と大隈半島の錦江町・南大隅町・肝付町が毎年合同で開催しているイベント「半島隅くじら市」が今年も開催されます。

日時:平成20年3月1日(土)10:00〜17:00
          2日(日)10:00〜16:00
場所:ドルフィンポート
posted by ひゅう at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

春の動物園

鹿児島で動物園といえば、平川動物公園
コアラで有名な動物園ですが、実は桜の名所でもあります。

3月から4月にかけて平川動物公園では、「春まつり」が開催されます。

「好きな動物にエサをあげよう」「ヒツジの毛刈り実演とクイズ大会」「おとなもこどもも!動物飼育体験教室」など盛りだくさん。

たまには動物園でのんびり過ごしてみてはいかがでしょう。
posted by ひゅう at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

宇宙教育

JAXA宇宙教育センターが実施しているリーダーズセミナーに参加しました。

子どもの頃からSFアニメや小説に親しんできた私は、自分もいつか宇宙に行けると思って生きてきた世代。宇宙に対する憧れはずっと心の中にあります。

今回セミナーを受講して、今すぐに何かできるわけではありませんが、今後は宇宙への夢や好奇心を大きく広げていけるような何かに取り組んでいけたらいいなと思いました。
posted by ひゅう at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ロケット打ち上げ

2つのロケット基地を持つ鹿児島県。
今週末種子島宇宙センターからロケットが打ち上げられます。

この模様は県内各地でライブ中継されます。

詳細はこちら
posted by ひゅう at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

50mダッシュ!

今年もあります。
世代を超えたかけっこイベント「50mダッシュ王選手権

参加資格は「50mを1分以内に走れる人」
だからおじいちゃんと孫の対決、なんていう普通の陸上競技ではまず見られない組み合わせが繰り広げられます。

鹿児島のスポーツNPO法人の第一人者NPO法人SCCが主催し、今回が第7回目です。

お申し込み・お問い合わせはNPO法人SCCまで。
posted by ひゅう at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

春を味わう

グリーンツーリズムを地域の活性化に繋げようという取り組みが鹿児島でも県内各地で行われるようになった。

その地域ならではの食材による料理や温泉、伝統工芸の体験など、各地域で工夫を凝らした体験ツアーが開催されている。

早春を楽しむツアーがさつま町の2地区で予定されている。

早掘り筍を探そう会
早春まるごと体験ツアー
posted by ひゅう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

想うこと

今年も5月に「鹿児島県障害者スポーツ大会」が開催されることになった。

障害者のスポーツの振興を図るとともに、障害者に対する理解と認識を深め、その自立と社会参加の促進に寄与することを目的として開催される大会。
以前は、身体障害者と知的障害者でそれぞれ別々に開催されていたスポーツ大会だが、昨年から統合して開催している。「障害者」とひとくくりにまとめて捉えられがちだが、障害の種類が違うとお互いに会う機会も少なくいため、こういう機会があることは良いことなのだろうと思う。

できれば、レクリエーションなどをいわゆる「健常者」もいっしょに参加できるメニューがあり、障害者も運営スタッフとして参加できれば、より意義のあるものになるのではないかとも思う。

本当はわざわざ「理解を認識を深める」機会を作る必要がない社会であってほしいけどね。
posted by ひゅう at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする