2008年04月12日

こどもの経験

「鹿児島に劇団なんてあるの?」
と言われてしまうような状況が続いている鹿児島の演劇事情ですが、最近、なんとか盛り上げていこうという流れが生まれています。

今年の12月には、こどもミュージカルが上演される予定です。出演者の募集に対して、約120名のこどもたちが集まりました。
小学1年生から中学3年生まで、年齢の差が大きいなかで協力しあい、舞台をつくりあげていくことは、こどもたちにとってもいい経験になることでしょう。

子どもの頃からこういった活動に参加して、演劇やその他の芸術に関わる人材が育っていくことで、鹿児島の文化が豊かになっていったらいいなぁと思います。
posted by ひゅう at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93620885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック