2008年01月14日

これから

3日間に亘って行われた「演技・演出講座」
平成22年度に予定されている鹿児島県民による創作演劇に向けての講座ということで、マスコミの関心も高く、いくつもの新聞・テレビに取り上げられていました。日頃、演劇に興味のない人にも知ってもらう機会になったということは、ひとつの成果だったのではないでしょうか。

募集定員を大幅にオーバーする70名あまりも受講者がいたということは、これからの鹿児島の演劇を盛り上げていく上で、大きなことです。

今回の講座では、初めて舞台を経験する人と経験のある人とで、受講後の感想も大きく異なっていたようです。目的が異なる人たちの全てに満足してもらうことは、大変困難なことです。とりあえず、初めて演劇を経験した人たちに楽しさを知ってもらえたことで良しとするという感じですね。

今回の受講者の中から、どの程度の人たちがどういう関わりを持っていくことになるか。それをまとめあげることが出来るか。今後の大きな課題でしょう。
関係者の皆様、ありがとうございました。
posted by ひゅう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック