2007年10月13日

ダンス・歌・芝居

071013.jpg今日は8月にひき続き、子どもミュージカルワークのお手伝い。
約80名の子ども達が宝山ホールの第1リハ室に集合。
指導のため東京から来たミュージカルカンパニーイッツフォーリーズのメンバー4名+鹿児島のスタッフで担当します。

まずは、今回のダンスの振り写し。これが、アップテンポですっごく楽しい!歌もなんだか元気が出てくる歌詞で、気持ちも高まってきます。

その後、4チームに分けて、芝居の配役を決定。台本を読んで、それぞれの希望を聞きながらキャスティング。大人の思う「おいしい役」と子どものやりたい役は違うらしく、なんとなく格好いい役に人気が集まります。

なんとかそれぞれの役を決めて、台本読み、立ち稽古と進みます。なにしろ小学校1年生から中学校2年生までの集団。ちっとも集中できない子もいれば、ノリノリの子もいて、すごい状況になってます。

明日は通し稽古をして、ちょっとした発表会も行います。
みんなちゃんと台詞を覚えてくるかなぁ。ドキドキです。
posted by ひゅう at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60865045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック