2007年08月01日

まちをデザインする

「まちづくり」ということが、多角的に語られるようになってきた。
以前は地域の特産品を使った商品開発による地域おこし的なニュアンスで語られることが多かったが、ようやく都市開発にも「まちづくり」を視野に入れ始めたようだ。

鹿児島市民の多くは桜島の見える所に住みたいという。しかし昨今のマンション建設ラッシュで、どんどん景観が悪くなってきていることを嘆く声も多い。

そんな中、鹿児島県と鹿児島市が共催して「かごしま都市デザインシンポジウム」を開催する。あんな場所に県庁を造っておいて今更な気もするが、今更でも何もしないよりはましかもしれない。

50年後の鹿児島らしい景観をどうつくっていくか。関心のある方、詳細はこちら。
posted by ひゅう at 23:51| Comment(0) | TrackBack(2) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

田んぼアート?
Excerpt: 「田んぼアート」が話題になっている。 青森県田舎館村で毎年行われていると言う。4色の稲穂で絵を描くもので稲穂が成長し見ごろを向え大勢の見物客でにぎわっているのだそうです。今年は北斎の「富嶽三十六景」..
Weblog: いきいきクラブ
Tracked: 2007-08-08 09:30


Excerpt: 景観景観(けいかん)とは、Landscapeの訳語で、景色、眺めのこと。風景とほぼ同義で使われることもあるが、もとは地理学の分野で使用されていた用法、用語であり、森林・河川・海などの自然景観と、都市・..
Weblog: 環境用語
Tracked: 2008-02-03 09:16