2007年04月26日

北辰斜めにさすところ

知人に誘われて、鹿児島大学で行われた、映画「北辰斜めにさすところ」の特別試写会に行って来ました。

旧制第七高等学校「造士館」(現在の鹿児島大学)を舞台にした物語。
七高の野球部建部百周年を記念して、当時のライバル五校との試合を再現しようと、奮闘するおじい様方の楽しげなこと。次々と青春の思い出が甦り、熱い時代が語られます。
戦争の傷を心に負いながら、自分の青春時代を孫に語る姿。自分たちが生きた時代を伝えたいという想いでしょうか。

映画終了後、観客の大きな拍手に、来場されていた神山監督が涙ぐんでいた姿が印象的でした。
posted by ひゅう at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「北辰斜めにさすところ」/平和への希求
Excerpt: 先日、日本映画を応援する「中津川映画祭シネマジャンボリー2007」に初めて参加した。 神山征二郎監督の舞台挨拶があった。監督と主役を務めた三国連太郎さんが、いきさつや裏話など、大変濃いトークを..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2007-10-20 20:18