2013年09月12日

子ども達のお兄ちゃん

もう一人、FC KAGOSHIMAの選手をご紹介。
今回は室屋良憲選手
室屋選手は、FCKの選手の中で一番最初にNPO法人SCCが実施している文部科学省委託事業の「小学校体育活動コーディネーター派遣事業」のコーディネーターとして、小学校に派遣された選手です。
あっという間に子ども達に溶け込んで、楽しそうに逆上がりのサポートをしてくれました。
人懐っこい笑顔が彼の魅力です。
私が、室屋選手をすごくいいなぁ、と改めて思ったのは5月12日。初めてFCKの試合を観に行けた日です。この試合、室屋選手は出場していません。でも、私にとってはとっても大事なことを思い出したんです。
室屋選手と初めて会った日。高校卒業後、東京の会社に就職したけど鹿児島に帰って来た理由を聞きました。「田上さんに誘われたから」という返事でした。正直、驚いたんですよね。今後、どうなっていくかわからない鹿児島のサッカー界に戻って来た理由が先輩からの誘いって。だけど、この日、田上さんのプレーを見ていて納得。
私、試合中ってその人の本質が現れると思っています。勝つか負けるかの真剣勝負の中で、格好つけたりつくろったり出来ないので。だから田上さんのプレーを見て、この人は本当に良い人だなぁと思いました。そして、そんな先輩に誘われて鹿児島に帰って来た室屋選手に男気を感じたんです。

次にこいついい奴だなぁと思ったのは6月3日。この日、小学校体育活動コーディネーターの研修をしていたんです。途中、室屋選手が肩をはずすというハプニング発生!正直「大事なシーズン中に選手に怪我をさせた」という事態に、私はものすごくショックを受けました。でも、室屋選手はずっと笑顔だったんです。「痛い」と顔をしかめながらも「慣れているから」とこちらを気遣ってくれて…。ずっと冗談を言って場を和ませてくれました。

今日も小学校の校庭で、運動会に向けて一生懸命練習する子ども達をサポートする室屋選手は、とっても優しいお兄ちゃんでした。
私はそんな室屋選手が大好きです。
posted by ひゅう at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島素敵人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374965630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック