2011年08月25日

青空の休暇

「手のひらを太陽に」「見上げてごらん夜の星を」などで知られる作曲家のいずみたく氏の追悼没20年記念のミュージカル「青空の休暇」を観に行って来ました。

人気作家の辻仁成氏の同名の小説を舞台化したのは、いずみたく氏が35年前に旗揚げしたミュージカル劇団イッツフォーリーズ

かつて真珠湾を攻撃し、今や75歳となった男たちの物語。
自分たちの青春とは、人生とは何だったのか?そんな想いを胸に50年ぶりに訪れたハワイで出会う様々な「縁」。

生きることに勇気が沸いてくる舞台でした。
posted by ひゅう at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック